院内の設備

内視鏡システム

当医院は極細のオリンパス製経口経鼻内視鏡※(GIF TYPE XP260NS)を導入しています。苦痛の少ない鼻から挿入する内視鏡検査が、今まで以上に患者さまの検査を楽にしています。さらにハイビジョンを併用した極精細な画像では、リアルタイムな検査結果を出すことが可能です。また大腸内視鏡検査には拡大鏡内視鏡を使った精度の高い検査が行えます。
※先端部外径5mmの細径化と高画質化を実現した4方向アングル内視鏡 

画像ファイリングシステムで疾患経過が一目

患者さまの診察結果を時系列でファイリングし、健康管理や治療経過を確認するのが画像ファイリングシステムです。当医院では疾患予防の観点からさまざまな定期検査を推奨しています。その結果をファイリングすることで微細な変化や症状をいち早く見つけることができます。内視鏡検査、レントゲン検査、胃透視、注腸検査、皮膚超音波検査、血管超音波検査などのデータを一括管理することで、総合的な診察にも役立てていきます。

X線テレビ

これまでのX線はフィルムを使うものでしたが、当医院では最新のデジタルX線テレビを導入いたしました。これにより通常のレントゲン検査や胃透視、注腸検査などもリアルタイムで結果説明ができますから、速やかな診察に移れるようになりました。もちろん画像ファイリングシステムで治療経過を管理していきます。

超音波検査装置

当医院には最新の超音波検査装置も備えております。これにより腹部超音波、血管超音波、皮膚超音波、心臓超音波検査などの結果が高画質で反映されます。これをもとに迅速な診断結果を出すことも可能になりました。

Tel:045-321-2032